タグ:東日本大震災 ( 16 ) タグの人気記事
【東日本大震災⑥】我が家の被害状況
事務所に着くと、
ハルキと多摩工場に行ってるメンバーもいた。

多摩は意外に特にこれといった被害はなかったらしい。

岩槻と吉見は、自動倉庫が壊滅状態。。。
ぁたしは様子を見に行った管理MGから写メを見せてもらったけど、
自動倉庫の床にはコーラの海ができているとのことだった。

とりあえず明日は自宅待機との指令。
まさか、明日からそのコーラの海を掃除しろとか、
変な指令が出ないことを祈ってウチへ帰った。

我が家の被害は、
流しの上にある棚からコップだの箸立てが落ちて、
床にフォークとかスプーンが落ちていた。
あとは流しにあったお茶碗に、上から落ちてきた物が当たったのか、
お茶碗の縁が欠けていた。。。

それと、お誕生日プレゼントに先生からもらった、
茶こし付きの耐熱ガラスのカップが見事に粉砕していた。。。
お茶碗は100均で買ったものだったけど、
これにはさすがに凹んだ。

大きな(?)被害は台所だけだったみたいで、
他はテレビの前に並んでたぬいぐるみが落ちてる程度だった。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:30 | Diary
【東日本大震災⑤】明かりの消えた町
17時過ぎ、吉見を出発。

吉見町内は停電はなく、信号もついていた。
が、隣の北本市は停電しているようだった。

初めて消えている信号機を目にした。。。

いつもは当たり前のように右折レーンで曲がっていく交差点で、
たかが右折がこんなにも大変だとは思いもしなかった。
譲り合いが大事なんだなぁとこんな時に再確認するとは。。。

しばらく行くと、とある小さな交差点で救急車が止まっていた。
右前のバンパーがつぶれた乗用車と黒い自転車、そして倒れてる人。
こんな状況でいつものような運転をしていたら、
絶対に事故が起きるなぁと思っている矢先の光景で、
さすがのぁたしも慎重に運転せざるを得なかった。(苦笑)

桶川に入ると、信号がついていた。
が、やはり道路がだいぶ混んできた。
そのうちだんだん日も暮れて、辺りが暗くなりだした。
地震の影響でどこの店も閉まっている。

大きな交差点ではお巡りさんが出て、赤い棒を振りながら交通整理をしていた。
北上尾の駅前の交差点は真っ暗だった。

そこへハルキから電話がかかってきた。

「今どこだ?」

「まだ北上尾の駅のあたり。停電してて真っ暗だよ。
交差点にお巡りさんが出てる。」


「俺、今ウチに寄ったんだけど、電気も水道も大丈夫みたいだぞ。」

「そっかぁ、よかった。
道がめっちゃ混んでるから、何時に着くかわからないけど。。。」


「とりあえず気をつけて来いよ。」

上尾の駅前も真っ暗だった。
高崎線が中山道と並行して走っているせいか、
大勢の人が大宮方面のからぞろぞろと歩いてくる。
中にはヒールの靴で歩いている女の人もいる。
もし自分も電車通勤だったら、きっと同じように歩いていたのかもしれない。

いつもは楽しい話題で盛り上がっているラジオも、
繰り返し地震の情報が流れていた。
今日はいつもと変わらない金曜日だったはずなのに、
大きな地震が来て、大きな津波も来て、町は真っ暗で・・・
色んなことが一瞬にして変わってしまった。。。

時計を見ると19時だった。

あれからもぉ4時間も経ったのか・・・
そう思ったら急にお腹がすいていたのを思い出した。

「あぁ、今日はご飯食べてないな・・・
食べたのは、おせんべいとチョコレートだけか。」

出発前に買ったカフェオレは開けないままですっかり冷めてしまっていた。

さいたま市に入ると信号も電気もついていた。
17号がめっちゃ混んでる様子だったから、裏道を抜けて抜けて、
やっと事務所にたどり着いた時には、
出発から約3時間、20時前になっていた。。。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:25 | Diary
【東日本大震災④】帰宅命令
しばらくすると部署ごとに集まるように言われ、
入り口脇の応接室に集合した。

「今日はこのまま何もしなくていいので、とにかく家に帰って下さい。
家に着いたら、家族の安否と被害の有無を必ず連絡下さい。
なお、停電している地域もあるようですので、
信号機が消えていたりするようなので、気をつけて運転して下さい。」

16時半、帰宅命令が出た。

ロッカーでいそいそ着替えをしていると、
外回りをしていた他部署の方が

「上尾は停電していたよ。」
「信号止まって大きな道は混んでるかもしれない。」

「帰り着くのに何時間かかるかわからないから、
水分はここで買って持って行った方がいいよ。
トイレも行っておきなね。」

と教えてくれた。

ぁたしは一緒に事務所に帰る奴と相談して、
下手に細い道を抜けていくよりも、安全策で中山道経由で帰ることにした。

再びハルキに電話すると、岩槻でも同じように帰宅命令が出たとのこと。
ぁたしは何時に事務所に着くかはわからなかったけど、
とりあえず事務所で落ち合うことになった。

ウチの状況も気になっていたし、一刻も早く帰りたかった。
片道1時間弱の通勤距離を恨んだ。。。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:20 | Diary
【東日本大震災③】黒い波の正体
また揺れがあったら必ず外に出るように言われ、
寒いのでとりあえず建物の入り口付近に入った。
電気はついているから、ここはどうやら停電はしてないらしい。

とりあえず情報が欲しくてワンセグを起動すると、
そこにはありえない光景が広がっていた。


押し流されていく家や車、
黒い波に飲み込まれる街、燃えるコンビナート・・・


「え、何がどうなってるの。。。これは・・・津波?」

一緒に携帯を覗き込んでいた仕事仲間と息を飲んだ。。。
ニュースでは未曾有の大地震が起きたことと、各地の震度、
大津波警報が出ているから早く逃げて下さい、と繰り返している。

この1時間足らずの間に、東北は一体どうなってしまっているのか・・・

去年の秋に仙台に引越したねーさんのことを想った。
数日前にも大きな地震があった時にメールで連絡したら、
「すごい揺れたわぁ~」とあっけらかんとした返事が返ってきたけど、
今回はそんなの比じゃないレベルの揺れと被害だった。

「これ、ねーさん大丈夫なのかな。。。」

電話はもちろんつながらない。
すぐに見てもらえるかはわからないけど、とりあえずメールを打った。

どうかねーさん、無事でいてください。。。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:15 | Diary
【東日本大震災②】Phones connected by love...
「震源は東北で、ここは震度5強だってー!!」

携帯を持ってた人が色々調べて叫んでいる。


(数日前も大きな地震があったのに、また東北?
まさかの東海大地震じゃなかったんだ。。。
埼玉で震度5強って、相当デカイ地震だったんじゃ・・・)


揺れはおさまったものの、
まだ建物の中に入っていいと本部から許可がないとかで、
冷たい風が吹き付ける中、30分近くみんなで肩を寄せ合っていた。
中にはそのままの格好で飛び出してきたのか、半袖の人までいる。

ようやく携帯と上着を取りに戻るだけならOKと言われ、
急いで色んなものを手にしてまた外へ。


ぁたしは岩槻にいるハルキのことがずっと気になっていた。。。

まさか荷役中に製品の下敷きになってたりしないでしょうね・・・
と不安に思いつつ電話をかけると、
意外や意外、すんなり繋がってしまった!

「あー、よかったぁあ~!そっちは大丈夫?めっちゃ揺れたっしょ!?
こっち(吉見)はみんなで外に集まってるよ。」


「こっち(岩槻)も同じだよ。お宅のセンター長が張り切って仕切ってますよ。」
(←センター長はちょうど岩槻に行っていた。)

「っつか、何で電話すぐ繋がったんだろうね?」


みんなは全然電話がつながらなくて、
普通に会話してるウチらを不思議に思ってたみたい。
何でだろう、Softbank同士だからかな?
とりあえずハルキの声が聞けてホッとした。。。


「お前らは『愛』があるからなー。うらやましいなぁ。ははは。」


こんな非常時なのに冗談言って笑わせてくれる人が居てくれてよかった。
声を掛け合いながら一緒に肩を寄せてくれる人が居てくれてよかった。

アパートでもし一人の時だったら・・・と考えるだけで怖かった。。。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:05 | Diary
【東日本大震災①】震度5強!!!!
「あ~、お腹すいたなぁ。
もうすぐ15時か・・・そろそろご飯食べに行こうかなぁ。」

呑気にそんなことを考えながら伝票の仕分けをしていた。

14時46分。

ガタガタと揺れだして、みんなが事務所からダッシュで出て行く・・・
何でまずは机の下に入らないの?と謎に思いつつも、
ぁたしもみんなと一緒に外に出た。

外に出た瞬間、揺れが一層大きくなった。
めまいがするような感覚がして、地面がぐわんぐわん揺れている。
周りを見回すと、待機している大型のトラックが大きく左右に揺れ、
自動倉庫の大きな建屋がガチャンガチャンと何かが壊れる音をたてている。


こんなに大きな地震は今までに体験したことなかった。。。

ガクガクと足が震え、立っていられない。。。


地面にへたり込んだぁたしは、
この時、ついに恐れていた東海大地震がきたのだと思っていた。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:00 | Diary