腫れた目。。。
降ろし場でびっしょり汗かいてる時に、
今日は絶対ビールだ!って決めてて、
帰ってきて飲んだら、簡単に酔っ払ってしまい・・・
酔った理由はビールだけじゃないと思うけど。

色んな感情が混ざりすぎて、もぉ我慢の限界だった。

酔った勢いで寝てしまおうと思ってたのに、そのまま大泣き。
理由もわからずただ泣きじゃくるぁたしを、王子は心配してくれた。

王子に本当のことを話してしまいたかった。
だけど、それだけはできなかった。。。
ぁたしが思ってる以上に、王子はぁたしを想ってくれてるから。

「ごめんね。」

「ありがとう。」

ぁたしが伝えられたの2つだけだった。
もうそれ以上、何も言えなかった。
ただ、本当に申し訳ない気持ちで胸がいっぱいで、
涙が止まらなかった。

ひとしきり泣いて、顔を洗いに行ったら、
見たこともないほどに目が腫れていた。
ヒドイ顔がますますヒドくなった・・・。
あぁ、今日・明日が連休で良かった。。。

目が覚めると夕方になっていた。
まぶたが熱い・・・目の腫れは全然おさまってなかった。
ベッドから動くのが億劫で、そのままボーっと色んなことを考えた。

鳴らない電話。

また音信不通になってしまった。

このままもう逢えないのだろうか。
このままもう逢わない方がいいのだろうか。

あれだけ大泣きしたのに、流れたのは涙だけだった。
何でまた彼のことでぁたしは泣いているんだろう・・・
終わったはずの恋なのに。

ぁたしは今、答えを出さなければならないんだろう。
そのために、彼の言葉が欲しかった。
だから、また電話をかけてしまった。

5コール後、やっぱり留守電に変わった。

「姫です。何してるの?
大事な話があるから、電話くださいな。」

留守電にメッセージを残した。
きっと電話はかかってこない・・・
そんなのはわかってる、わかってるけど。
つないだ手の温もりが嘘じゃなかったって信じたい。

2、3日前に出した手紙が届いて、心配したユカリちゃんがメールをくれた。
たまらず電話をかけた。

ここ数日のことを2時間近くしゃべった。

「今すぐに答えは出ないかもしれないけど、早くスッキリできるといいね。」
って色々アドバイスをくれた。
彼女の優しさには本当にいつも救われる。
今度会える時までに、何か進展すればいいな。

・・・ぁたし、何やってんだろう。
こんな腫れた目で。こんなヒドイ顔で。

今はもう何も考えたくない。。。
[PR]
by gawato2392 | 2008-08-16 23:24 | Diary
<< ちょっとそこまで? ほら、また始まった・・・ >>