SILMIDO
マンガ喫茶にて。

見ました、「SILMIDO」。
ずいぶん前にテレビで、映画の公開前に予告編というか、
実尾島事件のいきさつとかを特集してて、
見たいなぁとは思ってたんだけど、結局映画館には行ってなくて。
今更ながらだけど見ました。(苦笑)

う~ん、戦争とか侵略とかもそうなんだけど、
過去の出来事を改めて振り返って、
現在の判断基準で物事を考えるのは難しいなぁと思いました。
平和主義な今だから「戦争はよくない」とか言えるけど、
当時は戦争に勝つ為に命を犠牲にした人もいるわけで。
むしろ犠牲になることを国の為だとか正当化してたりして。

amazonのレビューにまさに言いたい事が書いてありました。(笑)
 
 実在した684部隊が起こした衝撃の事件をもとに作られたこの映画は、
 見ているだけで鼻息が荒くなるほどの怒りに突き動かされる。
 お国の方針変換で祖国統一のための英雄から、
 まるでゴミくずの扱いへと変わる兵士たち。その姿があまりにも痛々しい。
 いつの世も犠牲になるのは末端の人間なのだ。
 この映画は、上司の一言で簡単にリストラされ、
 政治家の判断ひとつで戦争に突入しかねない現代に、
 まさにピッタリの文字通りの問題作だといえる。


かなり心を動かされるものがありました。
ちょっと凹み系の映画だけど、見て色々考えてみるといいと思います!

【SILMIDO】
http://www.amuse-s-e.co.jp/silmido/
[PR]
by gawato2392 | 2004-10-30 23:59 | Movie
<< Drive Breaker と... おはようございます。 >>