【東日本大震災⑨】不安な夜
帰ってきてすぐテレビをつけた。
地震の直後にワンセグで見た光景が、ハイビジョンで映し出される。
津波の被害は想像以上だった。

気仙沼の町が真っ赤に燃えている。。。

それはまるで空襲に遭った町のようだった。
あの一瞬から、こんなにも悲惨なことになってしまうとは、
誰もが思ってなかったし、想像すらできなかったはず。。。

私達は家にあるもので夕飯を済ませ、
その後もテレビから繰り返し流れる情報をながめていた。

いつもなら、
「明日の土曜日は何しよう?」なんて
ウキウキ考えている金曜日の夜なのに、

今日は、

明日からどうしよう・・・

だった。。。

余震もずっと続いているし、ねーさんのことも心配だし、
仕事だって途中で放置して帰ってきてるし、
自動倉庫の中はめちゃめちゃになってたし、
センターでお世話になったドライバーさんにも、
東北の人がたくさん居て、その人達の安否も気になったし、

この先どうなっていくのか、ただただ不安で仕方がなかった。。。
[PR]
by gawato2392 | 2011-03-11 23:45 | Diary
<< お隣さん 【東日本大震災⑧】安否確認 >>